« 棚田と寅次郎 | トップページ | 妻を育んだ1009mの道 »

2008年2月23日 (土)

春を待つ徒然じいじ 

 立春はとっくに過ぎたと云うのに、寒い日が続いていましたが今日は久しぶりに

ぽかぽか陽気、もうしばらくの辛抱です。春の来ない冬はない、自然と一緒にじっと

待ちましょう。とは云ってもある人達にとってはイヤーナ季節の到来、言わずもがな

花粉症です。もう始まってるそうですが予防は怠りなく、、、この時期ばかりはスギや

ヒノキは悪者扱いですが、植物にとって花粉は繁栄(いのち)の源、不満もおあり

でしょうが人間も自然の一員、仲良く付き合ってやって下さい。、、、とは云っても

目はしょぼしょぼ、鼻はぐしゅぐしゅ、タマランでよー

  「自然は本来、人間の容喙{(ようかい)くちばしをいれる}を許さない。」

                                   興福寺貫首

 話題は変わりますが、じいじも学生時代は山男、中部地方の山を中心によく登った

ものです(中部地方以北の百名山の中の25ぐらいかな、)が今では50段の石段を

登るのにヘーへ、ジージいってます、病気もちのせいもあるでしょうが、ちと寂しい

ですね、世間でも暗いニースばかり、特に今の、そして今までの政治家(?)は何を

しとったんかいな!?、、、各省庁もやりたい放題、エ-という驚きの問題が次々、

自己責任をとる訳でもなく、全部国民に、、、その国民も沢尻エリカじゃないけど

 「別に」というふうに段々鈍感になってきているような、、、これからの若い人たち

は大変ですね、赤ちゃんは王様、、、だったはずなのに(何人かの王子様はいるみ

たいですが)。   気を取り直して春の夢でも見ますか、希望をもって!!

Dscf0029 Dscf0033

  佐賀県武雄市西川登  庭木ダム

 咲くサクラと、散るサクラ  みなさんはどちらを好しとしますか、中国の故事では

半開を看るとあります。休眠打破(開く) 春は色んな花が咲きほこります。花人に

なって出掛けてみませんか。

Dscf0020  佐賀県嬉野市 ミユキ公園入り口

  自称日本ー長い藤棚だそうです。

 おまけ!

Dscf0007  男はつらいよ、寅次郎春の夢

 食欲もあって元気ですよー。

|

« 棚田と寅次郎 | トップページ | 妻を育んだ1009mの道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

じいじから沢尻エリカの名前が出るとは!
この桜の写真はほんときれいですねぇ。
何かの写真コンテストに応募してみたら?
じいじももう少し体力をつけて、また山登りしてみたら?

投稿: りょうきん | 2008年2月24日 (日) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515606/10705023

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ徒然じいじ :

« 棚田と寅次郎 | トップページ | 妻を育んだ1009mの道 »